記事一覧

何事もメンテナンスが大切

今晩は。
台風も過ぎた様で、一安心しています。
蒸し暑い日が続いていましたので、
涼しげな水琴窟の写真をアップします。

津島神社2
津島神社の水琴窟です。

先日、愛西市のお施主様と津島神社に水琴窟を見に行ってきました。
右側の白い石に水をかけると、
涼しげな水琴窟の音色が奏でられるはず、
ん?単に水が流れる音の様な?
メンテナンスがされていない様で、
本来の水琴窟の音色は聞けませんでした。


少し前のブログで、建物のメンテナンスの話を書きましたが、
先々週あたりからメンテナンスの問合せが多くありました。
(暮らしの設計社のお施主様からの問合せはありませんでしたが。)
スタッフをはじめ協力業者さんの迅速な対応のおかげで、
問合せのお客様には安心して頂きました。
建物のメンテナンスのブログにも書きました、
外壁のクラック(ヒビ)もありましたので写真をアップします。

クラック1
外壁のコーナー部分で縦にクラックが入っています。

この状態であれば大きな問題はありませんが、
放っておくとモルタルの中のラス網が錆びて、
モルタルが爆裂してきます。
モルタルが爆裂すると、
錆びた部分のラス網まで取り替える必要がある為、
大きな工事になりますので、
この状態でクラック部分を補修します。

水琴窟も建物もメンテナンスを怠ると、
本来の機能を失う事になります。

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kurashinosekkeisya

暮らしの設計社 愛知県・三重県で無垢の木と外断熱工法を組み合わせた木の家を造っています。
お施主様に寄り添い、住宅に必要とされる、耐久性・強度・性能を追求しながら、可能な限り単純化させる事が大切であると考えています。